HOME

更新履歴(新着情報)

質屋とリサイクルショップ

「質屋」というと、あなたはどんなイメージですか。
やはり、あまりイメージがよくないと思いますか。

今は「リサイクルショップ」という店舗が増えてきています。
それでは、たとえば、18金のネックレスを持ち込んだ場合の対応が違うのか、といいますと、
質屋の場合は、18金の相場の値段の話をします。
つまり、ネックレスを持ち込んだ日の金相場を調べます。
その際、ネックレスの箱はどうなのか気になるところですが、
質屋はそんなのお構いなしです。
ビニール袋に入れて持ってきてもよい、と言います。
入れ物は気にすることないようで、18金本物そのものかどうかが重要なのです。
そして、持ち込んだものを担保にして、お金を借りることもできます。
これは、よく相談して、ご自分の収入と借入金のバランスを考えないといけません。
まるでサラ金のようですが、全然違います。

リサイクルショップの場合、18金ネックレスの金相場とネックレスのデザインを考えます。
つまり、ネックレスの材料が良くてもデザインが良くなければ高値買取になりません。
また、質屋の場合気にしなくてもよかったネックレスの箱がないと買取金額が上がりません。
これは、ネックレスをそのまま売り物にするためです。
もちろん、ネックレスを担保にお金を借りることはできません。
「質屋」と「リサイクルショップ」は、同じようで中身が違う理由です。

また、不用品を売ってお金に変えようとして不良業者に買取を頼む人がいるようですが、
逆にいくらか代金を請求されるケースがあるので注意したいところです。
お金が必要な場合、質屋とリサイクルショップと、賢く使い分けたいところです。

HOME